TOP > LED VISIONとは? > LEDビジョンとは

LEDビジョンとは?
液晶画面との違いや今後の発展性について

ショッピングモールや駅、街頭など普及が進むLEDビジョン。LEDが魅せる鮮やかな色合いは、見る人の目を楽しませてくれますが、次世代通信の5Gと組み合わせることでエンターテインメントや販促マーケティングなど幅広い分野で今後ますます発展が見込まれると予想されています。今回はLEDビジョンの根本であるLEDの基礎知識から液晶画面との違い、LEDビジョンのメリットなど幅広くご紹介してまいります。

LEDビジョンとは?

まずはLEDの基礎からご説明し、その後LEDビジョンのご説明をさせていただきます。
今までLEDビジョンがどういったものか詳しく知らなかった方は是非ご一読ください。

・LEDの基礎知識

LEDの基礎知識について3点ご説明いたします。

<LEDとは>
LEDは正式名称「Light Emitting Diode」といい、頭文字をとってLEDと呼ばれています。日本語に直訳すると「光りを放つダイオード」という意味になり、ダイオードは電気の流れを一方向に流す部品のことを指します。ダイオードには複数の種類があり、LEDはダイオードの一種です。LEDは「発光ダイオード」と呼ばれることもあります。

<LEDが光る仕組み>
半導体であるダイオードが単体で光ることはできません。電気を流す役割をもつ「LED素子」を電極につなぎ、樹脂で封をしてLEDは作られています。この状態のことを「LEDパッケージ」と呼び、光ることができるようになります。
LEDは「pn接合」と呼ばれる仕組みで作られており、p型とn型の2種類の半導体が組み合わされています。LEDに電圧をかけることでp型半導体に向かって電子が流れ、電子がホール(正孔)という場所にぶつかるエネルギーによって発光します。

<どんな分野で使われる?>
LEDは多くの分野で利用されています。様々な色があるLEDは電飾として、家庭やオフィスなどでは照明として使われています。
LEDは発光する力が非常に強く、視認効果が高いのでLEDビジョンとして多く利用されています。

・LEDビジョンとは?
LEDビジョンはデジタルサイネージ(別名:サイネージ)と呼ばれる電子看板の1種です。
ショッピングモールや駅、街中などさまざまな場面でLEDビジョンのデジタルサイネージが利用されているので見かけたことがあるという方も多いと思います。

・LEDビジョンと液晶画面との違い

液晶画面は液晶をバックライトで照らすのに対し、LEDビジョンはLED素子を自ら光らせる事ができるため、LEDビジョンは圧倒的な明るさが出せます。また、ディスプレイは大きさと解像度をサイズによって変えられますが、LEDは素子の距離(ピッチ)によって、その素子の数によって解像度が決まるためピッチの細かさ、LEDビジョンの大きさによって解像度が決まります。

違いは以下の3点です。

<輝度>
液晶画面と比較すると、LEDビジョンは輝度が高く圧倒的に明るいということが挙げられます。
輝度とはディスプレイの明るさのことで、数値が高いほど明るいということになります。
液晶の明るさはcd/㎡(カンデラ)という単位を利用しますが、LEDビジョンではLm(ルーメン)という単位が利用されます。
※ルーメン(Lm)とは、光源から放たれたすべての光「光束」の量を表す単位で、カンデラ(cd)とは、光源から出る光の強さ「光度」を表す単位です。照らす範囲の一番明るい箇所の数値です。

<発光の仕方>
LEDビジョンは光の三原色といわれる赤、緑、青の3色で構成されており、映し出す映像に合わせてそれぞれのLEDが明暗を変え、多くの色を作り出しています。
LEDビジョンは内蔵されているLED自体が発光することに対し、液晶画面は無色の光を、三原色のカラーフィルターに通すことで色を表示しています。

<視認距離>
LEDビジョンも液晶画面も「素子」と呼ばれる発光部品が無数に集合しています。
素子の大きさによってピクセル(画素)が異なるため、近くで見るとピクセルが細かくないとガタガタに見えてしまいます。
したがって近くで見る場合は鮮明な映像を流すことが可能な液晶画面、遠くから見る場合は明るい方が視認効果の高いLEDビジョンが適しているといえます。

LEDビジョンのメリットとは

LEDビジョンとはどのようなメリット・デメリットがあるのか、こちらでご紹介させていただきます。

・LEDビジョンの特徴やメリット

<明るい場所でもはっきり見える>
LEDビジョンは液晶画面に比べ輝度が高いと先述しましたが、一般的に外でディスプレイを使った場合、直射日光に負けないためには最低でも2,000cd程度の輝度が必要になります。
LEDビジョンは輝度1000~8500cd、液晶画面は700~2500cdほどになり、直射日光が当たりやすい場所や屋外で使用するのであれば液晶画面よりもLEDビジョンの方が優れているといえます。

<ピクセルピッチを移動させることができる>
ピッチ幅を多少広げても遠くから見る分には映像のガタツキが分かりません。そのため、大画面のLEDディスプレイを遠くから見る前提で導入する場合、ピクセルピッチを移動させることで費用を抑えることもできます。
ただし適正なピクセルピッチ数を下回ると遠目からでも見えにくくなってしまうので、ピッチ数を下げ過ぎないように注意しましょう。
業者と相談して適正なピッチ数を出してもらうということもおすすめです。

<形状の自由度が高い>
LEDビジョン最大のメリットは、ディスプレイを折り曲げることが可能という点です。
液晶画面は折り曲げができないので、基本的に平面での設置になります。
しかしLEDビジョンは建物の形に添って曲げることや、円柱の柱に巻き付けることが可能です。個性的な表現や近未来風の演出など利用シーンが幅広いという強みを持っています。

<長寿命>
明るい映像を流すことができるLEDビジョンですが、使用しているLED自体の寿命が長いため、液晶画面やプロジェクターに比べて寿命が長いというメリットがあります。

・LEDビジョンのデメリット

メリット豊富なLEDビジョンですが、高解像度の画像を映したい場合は液晶画面の方に軍配が上がることもあります。
ピクセルピッチを詰めればLEDビジョンでも美しい画像を映すことはできますが、ピクセルピッチを詰めると使用するLEDの数が増え、コストがかかってしまいます。また、限界までピクセルピッチを詰めても液晶画面の高解像度には勝つことができません。

液晶画面と比較するとLEDビジョンは割高になるため、初期費用が高額になります。運用する年数によっては液晶画面よりもランニングコストがかからず割安になることもあるので、導入の前にどれくらいの期間利用するかシミュレーションして初期費用とランニングコストのトータルを計算してみると良いでしょう。

また、LEDビジョンはディスプレイと比べると、品質の差が著しく異なり、LED素子の品質が製品の品質と言えるくらい、部品によっての価格差がでてきます。言い換えれば安くするために部品品質を下げている製品も多く、数ヶ月で球切れしたり故障したりするものもあるため、コストと品質のバランスは良く確認してから選定したほうが良いと言えるでしょう。
保守メンテナンスが出来ない、保守コストが高いなどの製品は要注意です。


LEDビジョンの選び方とは

ここではLEDビジョンの選び方についてポイントを2つご紹介します。

・「高精細が正解」とは限らない

「高解像度の画像ならLEDビジョンよりも液晶画面が向いている」とご紹介しましたが、画像の美しさを追求するために液晶画面を選ぶのが正解とは限りません。たとえば、ビルの一面やスタジアムなど、遠くからの視認性を上げる場合は輝度が高いLEDビジョンが向いています。遠くから見る分には多少画像が粗くても分からないので、ピクセルピッチをうまく調整すれば滑らかではっきりした映像を映し出すことができます。
設置前に「どこにいる誰に向けて見せたいのか」をしっかりと定めることが大切です。

・設置場所に適しているか

設置場所もLEDビジョンを設置する際の大きなポイントです。輝度が高いLEDビジョンは屋内よりも屋外の設置に適しています。ただし屋外に設置する場合は屋外専用のタイプを選ばなければなりません。
また、夏場など気温が上昇しやすい場所に設置する場合は庇(ひさし)で影を作るなどの対策が必要になります。LEDビジョンの設置費用には庇などの工事費用も入れて考えた方が良いと言えます。

「LEDビジョンの未来」とは

多くの場所で活用されているLEDビジョンは今後もさまざまな場所で活用されることが期待されています。
最後に、今後のLEDビジョンが実現するであろう未来についてご紹介いたします。

・5Gの普及によって変化するLEDビジョン
LEDビジョンを含むデジタルサイネージは、コンテンツの配信方法にオンライン型というタイプがあります。
オンライン型はインターネットを経由することでコンテンツの配信や管理を行うものです。
現在、日本ではネットワーク回線として第4世代移動通信システム(4G)がメインとなっていますが、アメリカなど一部の地域では既に最新の5Gが導入されつつあります。
5Gが導入されることによって通信速度が格段に速くなり、コンテンツデータのダウンロードだけでなく表示も早くなるといわれています。
5Gが本格的に日本でも利用されるようになれば、LEDビジョンはより高速のコンテンツ配信などが可能になります。

・DOOHが身近になり販促マーケティングが変わる
デジタルサイネージを用いた屋外の電子看板のことを「DOOH」といいます。
最近は日本でも街中でよく見かけるようになりました。
屋外での利用に最適なLEDビジョンをデジタルサイネージとして利用することで、現状よりも販促方法の幅が広がると期待されています。
日本はアジア諸国に比べてデジタルサイネージの導入が進んでいるとはいえませんが、年々市場規模を拡大していることからも、新しい販促マーケティングの手法としてこれから活躍することが期待されています。

・8Kディスプレイでもっと美しく
よりリアルで高画質な8Kディスプレイは画像の美しさがある反面、データ容量が大きすぎて4Gが主流のネットワーク通信手段である現状では配信ができませんでした。しかし、5Gが導入されることで8Kの大容量データもスムーズに配信可能になるといわれています。
より美しい画像を使うことで、今までよりも効果的に商品の宣伝効果が期待できます。
また、3D眼鏡を使用せずに立体的な3D動画を配信することができるともいわれており、ユーザーにとって新感覚のマーケティングとして強く印象に残すことができます。

まとめ

LEDビジョンは非常に便利で、設置場所をあまり選ばないという魅力があります。
今後日本でも多様なデジタルサイネージの活用としてLEDビジョンが使われることでしょう。
LEDビジョンの設置に悩んでいる方にとって、何を最も優先したいのかを考え、しっかりとマーケティングの目標を見据えることが成功への道といえます。