TOP > LED VISIONとは? > LEDビジョンとは

LEDビジョンとは?
液晶画面との違いを含めて徹底解説!

ショッピングモールや駅、街頭など普及が進むLEDビジョン。LEDが魅せる鮮やかな色合いは、見る人の目を楽しませてくれますが、次世代通信の5Gと組み合わせることでエンターテインメントや販促マーケティングなど幅広い分野で今後ますます発展が見込まれると予想されています。今回はLEDビジョンの根本であるLEDの基礎知識から液晶画面との違い、LEDビジョンのメリットなど徹底解説させていただきます。

LEDビジョンとは?

まずはLEDの基礎からご説明し、その後LEDビジョンのご説明をさせていただきます。
今までLEDビジョンがどういったものか詳しく知らなかった方は是非ご一読ください。

・LEDの基礎知識

<LEDとは>
LEDは正式名称「Light Emitting Diode」といい、頭文字をとってLEDと呼ばれています。日本語に直訳すると「光りを放つダイオード」という意味になり、ダイオードは電気の流れを一方向に流す部品のことを指します。ダイオードには複数の種類があり、LEDはダイオードの一種です。LEDは「発光ダイオード」と呼ばれることもあります。



<LEDが光る仕組み>
半導体であるダイオードが単体で光ることはできません。電気を流す役割をもつ「LED素子」を電極につなぎ、樹脂で封をしてLEDは作られています。この状態のことを「LEDパッケージ」と呼び、光ることができるようになります。

LEDは「pn接合」と呼ばれる仕組みで作られており、p型とn型の2種類の半導体が組み合わされています。LEDに電圧をかけることでp型半導体に向かって電子が流れ、電子がホール(正孔)という場所にぶつかるエネルギーによって発光します。

・LEDビジョンとは?
LEDビジョンはデジタルサイネージ(別名:サイネージ)と呼ばれる電子看板の1種です。
ショッピングモールや駅、街中などさまざまな場面でLEDビジョンのデジタルサイネージが利用されているので見かけたことがあるという方も多いと思います。


LEDビジョンの基礎を徹底解説!

液晶画面は液晶をバックライトで照らすのに対し、LEDビジョンはLED素子を自ら光らせる事ができるため、LEDビジョンは圧倒的な明るさが出せます。
また、ディスプレイは大きさと解像度をサイズによって変えられますが、LEDは素子の距離(ピッチ)によって、その素子の数によって解像度が決まるためピッチの細かさ、LEDビジョンの大きさによって解像度が決まります。

<LEDビジョンの輝度と訴求距離>
液晶画面と比較すると、LEDビジョンは輝度が高く圧倒的に明るいということが挙げられます。そのため、遠くからでも視認性が高いというのがLEDビジョンの強みです。
LEDは特性上近距離から見るには適していません。



逆に液晶ディスプレイは近距離で鮮明なコンテンツ表示ができるという強みがあります。
マルチ画面などで大型化することも可能ですが、やはり訴求距離は近距離に適しています。

>解説
※輝度とは明るさのことで、数値が高いほど明るいということになります。
※輝度の単位はcd/㎡(カンデラ)が利用されます。
※カンデラ(cd)とは、光源から出る光の強さ「光度」を表す単位です。照らす範囲の一番明るい箇所の数値です。

<LEDビジョンの発光の仕方>
LEDビジョンは光の三原色といわれる赤、緑、青の3色で構成されており、映し出す映像に合わせてそれぞれのLEDが明暗を変え、多くの色を作り出しています。
LEDビジョンは内蔵されているLED自体が発光することに対し、液晶画面は無色の光を、三原色のカラーフィルターに通すことで色を表示しています。



<画面サイズと解像度の考え方>
ディスプレイは大きさにかかわらず、液晶が再現できる解像度を出力できます。
32インチでも80インチでも4Kは4Kで表示されます。
LEDビジョンはインチの規格はあまり適用されず、サイズが自由な設計ができるため、主に㎡(平米)(何M×何M)で表現されることが一般的です。

LEDビジョンはビジョンを構成するLED電球のピッチ(密度)によって解像度が変わってきます。このことからピッチを基準にディスプレイとは見え方が全く異なるので注意しましょう。



LEDビジョンはピッチが粗いと近距離からはガタガタに見えても遠くから見ると鮮明に見えます。
また、ピッチが細かいと輝度が少なくなり、ピッチが大きくなると輝度が高いラインナップとなっているのが一般的です。
しかしながらピッチが狭いものほどコストは上がります。



<視認距離とサイズ>
そもそもLEDビジョンは大きな画面を離れた場所から見ることに適しているソリューションです。これはLEDビジョンの「ピクセルピッチ」と密接な関係があり、必ずスペックにはピクセルピッチが記載されています。最適な距離は以下のような計算式で割り出すことが可能です。



●最も適切な視認距離(最適視認距離) = ピッチ(mm)×3 になります。

P3.9mmのLEDビジョンは約12Mの位置で最もきれいに見える
P8.33mm のLEDビジョンは約25Mの位置で最もきれいに見える
P10mm のLEDビジョンは約30Mの位置で最もきれいに見える
P16.67mmのLEDビジョンは約50Mの位置で最もきれいに見える

もちろんLEDビジョンはあるていどの大きさがあった上での最適視認距離となります。
これにはコンテンツが見やすいと判断できる最低必要な解像度を合わせて意識すると必要な大きさを割る出すことができます。
逆に言えば、視認距離がある場合は必ずしも狭いピッチ(高解像度)を選ぶ必要はないという事です。

ここでは弊社独自の観点でのLEDビジョンの最低サイズを記載します。

※高画質を意識する場合
●640x400pixel DCGA (Double Scan CGA)
これはApple Macintosh Portableおよび初代PowerBookが持っていた解像度です。
この場合

P 3.9mm のLEDビジョンサイズ= W2,496mm × H 1,560mm (約4.1㎡)
P8.33mmのLEDビジョンサイズ= W5,331mm × H 3,332mm (約17.5㎡)
P10mm のLEDビジョンサイズ= W6,400mm × H 4,000mm (約25.6㎡)
P16.67mmのLEDビジョンサイズ= W10,668mm × H 6,668mm (約72.6㎡)

※標準画質を意識する場合
●480x320pixel HVGA (Half VGA)
これは初代iPhone, 3G, 3GS、iPod touch(第1 - 3世代)が持っていた解像度です。
この場合

P 3.9mm のLEDビジョンサイズ= W1,872mm × H 1,248mm (約2.2㎡)
P8.33mmのLEDビジョンサイズ= W3,998.4mm × H 2,665mm (約10.5㎡)
P10mm のLEDビジョンサイズ= W4,800mm × H 3,200mm (約15.3㎡)
P16.67mmのLEDビジョンサイズ= W8,001mm × H5,334mm (約42.4㎡)

これはLEDビジョンには関係のないのですがApple社が選定している解像度であれば
わかりやすいですよね?あくまで参考としてください。
文字だけなどを表示される場合はもっと小さい解像度でも大丈夫です。

コストとのバランスも重要な要素ですので、ご不明な点はお問合せください。

<消費電力について>
LEDビジョンの導入を検討されるさいに重要なのは消費電力です。LEDビジョンは輝度が高く、明るさを売りにしているためそれなりに電力が必要になります。
検討の段階で電力が確保できるか?を調べる必要があります。



上記でも説明した通りLEDビジョンは一般的に平米(㎡)を利用したサイズを利用するため1平米あたりの消費電力の参考値を記載します。※ここでは弊社基準で記載します。

♦1平米(㎡)= LEDビジョン1M×1Mあたりのサイズとなります。
♦検討する大きさを㎡として下記の数値を参考にしてください。
♦MAXは最大消費電力,Aveは平均消費電力となります。
♦LEDビジョンはコンテンツの色によって消費電力が可変します。
♦下記の数値は100Vの場合の計算値です。

P2.6mm 900cd/㎡ =1平米あたり MAX420W Ave 200W
P3.9mm 1,000cd/㎡ =1平米あたり MAX400W Ave 180W
P8.0mm 5,000cd/㎡ =1平米あたり MAX800W Ave 360W
P10.0mm 5,000cd/㎡ =1平米あたり MAX650W Ave 300W
P16.67mm 8,000cd/㎡ =1平米あたり MAX500W Ave 230W
P25mm 7,000cd/㎡ =1平米あたり MAX450W Ave 200W

LEDビジョンの導入をせっかく決めても電力が取れない!などが無いように
あらかじめ設置場所で電源が確保できるか?また電源の増設をする場合のコストなども
合わせて初期段階で確認しましょう。

<故障率について>
LEDビジョンを選定するうえで最も重要なのは「品質」です。
LEDビジョンはディスプレイと比べて構造が単純で使用する部品がとても少ない構造です。
だからこそ、その部品の品質を落とすことで簡単に安い製品が作れてしまいます。

昨今ではコスト勝負の製品も多々市場に出てきていますが、「安い」にはそれなりに理由があります。
1つは上記に記載した通り、安い部品を利用しているという事です。
LEDビジョンの故障は大きく2つの要素があります。

①LEDの球切れ
②電源ユニットの故障

どちらもコンテンツを表示するうえで重要なポイントですね。
広告などを放映していた場合、「映らない」「かけて表示される」など致命的な症状になるケースが多いです。

通常LEDビジョンは構造上ディスプレイより壊れにくいため、保証期間が短い製品などは要注意です。
また、デジタル製品は「故障しない」ことは無いので、設置後のメンテナンスやサポートがあるかないか?も選定するうえで重要なポイントです。

球切れするたびに、数十万の高額なメンテナンス費用がかかるという話も良く聞きます。
設置後1カ月くらいで電源ユニットが故障した。半年で1/3の球切れが発生している。
なども最近では良く聞くようになってきました。

LEDビジョンの約90%は中国で生産されています。昔と比べ中国の工場は今では日本よりもオートメ―ション化が進んでおり、素晴らしい工場が沢山あります。
しかし、あくまで「日本の品質」に準拠して生産されているわけではありません。
日本と違い、中には3カ月保証できるものでOKな国々もあるため、日本からすると考えられない品質のものも「製品化」されてしまうという現状があります。

必ずしも「製品化」されているから大丈夫!という「日本だけの視点」で捉えると、後でやっぱり最初にコストをかけておけばよかった!という事になりかねませんので、LEDビジョンは「コスト」だけで見ないほうが安全です。

まとめ

いかがでしたか?LEDビジョンについてご理解いただけましたでしょうか?

LEDビジョンは「即効性のあるメッセージをより遠くまで届ける」のに最適なソリューションです」導入したお客様のほとんどが導入してよかった!というありがたいお言葉をいただけている製品です。

弊社もLEDビジョンを取り扱う会社の一つです。
弊社のLEDビジョンは3年保証+3年無償メンテナンス+全国保守対応可です。
品質を見抜いて製品を選定しているからこそ出来るサービス内容になっていますので、LEDビジョンを選定される場合は是非弊社も検討に加えていただければ幸いです。

製品はもちろん、設置工事から、運用サポートまで、デジタルサイネージで培った知識とともにお客様のご納得いただけるLEDビジョンをご提案させていただきます。