TOP > デジタルサイネージとは? > デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとはどんなもの?実は身近で利用されている!?

皆さんはデジタルサイネージという言葉を聞いたことがありますか?最近は様々なところで利用されており、名前を知らなくても見たことがあるという人も多いかもしれません。今回はデジタルサイネージについてご紹介してまいります。

デジタルサイネージとは

・デジタルサイネージについて

英語だと馴染みが薄いかもしれませんが、電子看板と聞くと何となくイメージしやすいのではないでしょうか。デジタルサイネージの名前は知らなくても「見たことがある」という方が増えています。
デジタルサイネージとは別名「サイネージ」とも呼ばれ、従来の紙製ポスターの代わりに液晶やLEDを用いたディスプレイでデジタルコンテンツを配信する媒体の総称です。

デジタルサイネージは、駅やショッピングモールの通路や飲食店の出入り口付近など様々な場面で活用され、最近ではオフィスやマンションといった場所にも設置されるようになりました。

・配信方法

デジタルサイネージには表示するコンテンツの配信方法が3種類あります。

<オンライン型>
オンライン型はインターネット通信を利用した遠隔操作ができるため、状況に応じて配信するコンテンツを変更することが可能です。配信コンテンツを一括で変更することができるので、多くの店舗をもつチェーン店や大規模な企業で利用される傾向があります。全ての端末を一括で変更するとサーバーに負荷がかかり過ぎてしまい、通信障害を起こす可能性があるため注意が必要になります。

<オフライン型>
オフライン型はインターネット通信がなくても利用できる配信方法です。
自社コンテンツのみを流す目的であればオフライン型でも十分対応ができます。
配信コンテンツを変更する場合は、データが入っているSDカード、またはUSBメモリーなどを差し替えます。インターネット通信を利用しないため配信内容を一括で変更することはできませんが、安定した映像コンテンツを配信することが可能です。

<半オンライン型>
半オンライン型は配信するコンテンツを変更するときのみインターネットに接続する配信方法です。よって、普段はオフライン型と変わらずに利用できるため、柔軟性の高いコンテンツ配信ができます。


・配信されるコンテンツは大きく分けて2種類

配信方法以外に、配信されるコンテンツの内容も2種類に分類されます。

<ブロードキャスト型>
ブロードキャスト型は見る人に対し、一方的に情報を発信する目的で使用されます。
たとえば、セールや期間限定のお知らせ、新商品の発売・入荷など、複数の場所に設置し、見る人にできるだけ多くの情報を与える表示方法です。

<インタラクティブ型>
インタラクティブ型はタッチパネルを用いて見る人と配信する側がコミュニケーションを取り合うことができる表示方法です。
オンラインを使用するため、ユーザーがどんな情報を求めているのかなどの統計が取りやすく、購買意欲の促進につなげるきっかけを掴むなど、より良いコンテンツ作りを目指すことができます。

デジタルサイネージを導入するメリット

ここからはデジタルサイネージを取り入れることで得られるメリットについてご紹介いたします。

・発色が良く視認性が高い

デジタルサイネージの特徴として、紙製のポスターやPOPよりも発色が良く、視認性が高いという点が挙げられます。紙製のポスターは、天候の悪いときや日が落ちると視認性が大きく下がってしまいますが、デジタルサイネージは照明を使っているため常に明るく見え、遠くからでも目立ちやすいというメリットがあります。また、映像が動くものは人の視線を集めやすいため、視認性を上げる要素になります。

・紙媒体のように張り替える必要がない

店舗などで手間になる作業の一つに広告の張り替え作業があります。
セールシーズンやイベントに合わせてポスターを使用する店舗は多くありますが、一定期間が過ぎると新しいものに貼り替える手間が発生します。
場所によっては大変な作業になりますし、他の業務もある中でのポスターの貼り替え作業は従業員にとって負担となります。
デジタルサイネージなら、紙製のポスターのように張り替える作業が必要ありません。
オフライン型でもオンライン型でも、目的に合わせたコンテンツを手間なく簡単に変更することができます。

・情報を多く発信できる

デジタルサイネージはただ同じ情報のみを発信しているわけではありません。
クリスマスシーズンであれば、クリスマスセールや新商品入荷の案内、プレゼントのプロモーション映像
など、1つの媒体で複数の情報を発信することができます。

・ユーザーに合わせた内容の配信

デジタルサイネージはユーザーが求めている情報やコンテンツを発信することができます。
たとえば主婦(夫)が多い平日の昼間は主婦(夫)向けの情報を配信し、仕事帰りの人が増える夕方から
夜にかけては幅広い層に向けた情報を発信するなど、時間帯や場所によって需要が高い情報を優先して提
供することで集客率をアップさせることにつながります。

デジタルサイネージのデメリット

デジタルサイネージは視認性が高いなどメリットがたくさんありますが、デメリットが全くないわけでは
ありません。こちらではデジタルサイネージのデメリットを3つご紹介いたします。

・初期費用やランニングコストが必要

デジタルサイネージは紙製のポスターに比べ、初期費用は高くなります。
媒体の導入費用のほかに設置場所や配信方法によってはインターネット環境を整える必要があります。
配信するコンテンツを誰が作るかという点も重要です。
作成から配信までを自社で行う場合、ある程度コストを抑えることが可能になりますが、専任の担当者を
用意するなど、違ったコストや手間が発生します。外部に委託する場合は手間はなくなりますが、委託費用について考えなければなりません。
デジタルサイネージはシーンに合わせて適切な情報発信をする媒体なので、高い効果を得るためには定期
的に良質なコンテンツを作る必要があり、それなりの費用がかかります。

・故障の可能性がある

どんな場合にもいえることですが、どんな電子機器にも故障のリスクがあります。デジタルサイネージの
大きさによっては修理にお金だけでなく、時間がかかることもあります。
設置場所を人通りの多い場所にすると、人がぶつかって転倒した衝撃で故障するなどのトラブルもありま
すので、設置場所には十分気を付けなければなりません。

・電子機器なので電源が必要

デジタルサイネージは電子機器なので電源が必要です。
設置したい場所があっても、近くに電源がなければデジタルサイネージを使うことができません。
どうしても場所を変えたくない場合は新たに電気を引き直す工事が必要になります。

デジタルサイネージを導入するポイント



最後にデジタルサイネージを導入する際のポイントを4つご紹介いたします。

・事前に徹底したマーケティングが必要

事前に、「どんなターゲット層がいて、どんな情報を求めているのか」をしっかり把握する必要があります。
ターゲットの求める適切なコンテンツを配信しなければ、デジタルサイネージを導入しても効果をあまり
感じられないでしょう。

・設置場所はどこがおすすめ?

デジタルサイネージの設置場所を検討することも非常に重要です。
これは単純に電源やインターネット環境が必要だからというわけではありません。
例として、設置場所とその効果をご紹介いたします。

<特定の商品付近>
特定の商品に合わせたコンテンツ配信をすることで、売りたい商品を目立ちやすくすることができます。

<店舗の出入り口付近>
複数の店舗が集まったショッピングモールではユーザーが店舗に入ってからすぐにデジタルサイネージを
見ることになりますので、店舗内を回遊させる効果があります。

上記以外にも豊富な効果が得られる設置方法があります。
どこに設置するかを決める際は、ターゲットの目に留まりやすい場所を選ぶようにすることが重要です。
目に留まりやすい場所でなければ訴求効果は薄くなるので、人の導線で目に止まる場所を選ぶことが大切です。

・表示するコンテンツ内容を明確化

表示するコンテンツ内容によって、ユーザーに与える印象が異なります。
広告などの宣伝によってユーザーの購買意欲を高めることを「訴求(そきゅう)」といいますが、コンテンツの訴求にはいくつかパターンがあります。

①価格訴求型:セールや価格の案内コンテンツ
②イメージ先行型:商品のシズル感や効能を伝える静止画と動画を交えたコンテンツ
③機能訴求型:商品の機能性を伝えるコンテンツ
④店長おすすめ型:複数ある商品の中からおすすめを作ることでユーザーが選びやすくなるコンテンツ
⑤購買期限訴求型:限定商品や予約販売の期間や数を案内するコンテンツ
⑥イベント案内型:店舗内のセールなどイベントの案内をするコンテンツ
⑦ランキング型:売れ筋商品をランキングとして伝えるコンテンツ

・画面のサイズと輝度の検討
大きな画面は小さな画面よりも視認効果がありますが、ただ大きければ良いというものではありません。
デジタルサイネージで使われる画面のサイズは小さいものでスマートフォン程度の大きさから、マルチを
使った壁のような大きさまで様々です。訴求性や場所などを配慮し、適性なものを選ぶことも大切です。

ディスプレイの輝度にも注意が必要です。
輝度とはディスプレイの明るさのことで、cd/㎡(カンデラ)と言う単位が利用されます。輝度が低いと
外光に負けて見えづらくなり、反対に明る過ぎるとユーザーが目に負担を感じてしまいます。また、朝と
夜でも見え方が異なってきます。
視認性を高めるには設置場所によって適切な輝度を選択しましょう。

まとめ

デジタルサイネージは設置場所やコンテンツだけでなく、サイズや輝度によって与える印象が異なります。
デジタルサイネージを効果的に使うのであれば、マーケティングした上できちんと設計し、客観的にターゲットの視点からディスプレイの設定とコンテンツの内容を決めることが重要といえるでしょう。